日焼け止めの効果とは

日焼け止めの効果とは

日焼け止めを塗ることは、シミ対策として欠かすことができません。紫外線は、シミができてしまう原因の大部分を占めているとされています。

 

そのため、シミを発生させてしまう紫外線を浴びることを、どれだけ避けることができるかが、シミの予防や改善のための基本だと言えます。日焼け止めを塗り、紫外線を防止してもらうことは非常に重要です。

 

日焼け止めと一口に言ってもその種類はいくつかあり、塗る場所によって、フェイス用やボディ用に分類できます。顔の皮膚は体の他の部位の皮膚より薄く、敏感です。そのため、顔に塗る日焼け止めは必ずフェイス用のものにしましょう。

 

日焼けをしてシミの原因を作ってしまうのは、外出時のみとは限りません。ベランダに出て洗濯干しをするときや、部屋の中でも日当たりの良い場所にいるときなども、日焼けをすることはあります。

 

かといって、ビーチ用のような強力な日焼け止めを毎日使用する必要はありません。軽めの日焼け止めを普段から塗る習慣を付けると良いでしょう。少しだけなら大丈夫だろう、といった油断は禁物です。

 

わずかでも日焼けを避け、シミの原因を作ってしまわないようにすることが重要です。また、一年のうちで最も日差しが強いのは夏ですが、日焼けをする時期は夏に限りません。季節に関わらず、一年を通して日焼け止めを使用することをおすすめします。