シミに効くサプリランキング@口コミ人気はどれ?

シミに効くサプリのランキングは?口コミで人気

40歳を過ぎると、お肌のターンオーバー期間が長くなってきます。

 

・日焼けした肌が元に戻らない
・シミが薄くならない
・年齢化粧品の効果に疑問を感じる
・回復力が弱くなった
・ピーリングは苦手

 

というように感じる方は、ターンオーバー期間が長くなってきているのかもしれません。そんな方におすすめなのが、シミに体の中から効くシミ対策サプリです。こちらのサイトでは、そんなシミ対策サプリのなかでも人気の商品を厳選してご紹介していきます。

 

ロスミンローヤルの特徴

ロスミンローヤルは、国内で唯一のシミにも小ジワにも効く女性用保健薬です。いまあるシミやそばかすを薄くして、小ジワや肌荒れも緩和。芍薬200rやローヤルゼリー50rなど9種類の生薬成分を含む、22種類の有効成分を配合しています。血行不良を改善して、酸素と栄養を隅々まで届け新陳代謝をUP。生薬の相乗効果により冷え症などの女性特有の不調も改善してくれます。1回3錠を1日3回。シミも小ジワも気になる方におすすめです。

価格 1,900円
評価 評価5
備考 9種の生薬成分

 

ホワイトショットインナーロックIXの特徴

インナーロックIXは、有効成分を内側から届ける飲む美白サプリメントです。ポーラオリジナル成分のブランノールEXや、メロングリソディンをバランスよく配合。からだの中から有効成分を届けて、肌本来のきれいになる機能をサポートします。美白をすすめてシミを薄く、透明感のある肌に。内側から届けるので、顔だけでなくからだ全体に届けます。シミ対策に化粧品会社の安心を求める方におすすめです。

価格 6,696円
評価 評価4
備考 飲むサプリ

 

シミトールの特徴

シミトールは、アスコルビン酸のちからで内側からシミの発生を防ぎます。1日6錠のなかに、アスコルビン酸(ビタミンC)を2000r配合した第3類医薬品。アスコルビン酸はシミやそばかすを緩和する働きがあります。内服薬なので、手の甲や背中など全身に届きます。シミ対策に製薬会社の安心を求める方におすすめです。

価格 980円
評価 評価3
備考 ビタミンC2000mg

 

シミが後天性でそばかすが遺伝性ってほんと?

 

シミとそばかすが同じだと思っている方は少なくありません。これらにはどういった違いがあるのか、把握しておきましょう。

 

シミが出来る原因
シミがどういう風に出来上がるのか知っておりますでしょうか。紫外線の蓄積という知識はあると思いますが、それ以外にも加齢やニキビ跡の炎症などの原因があります。ですが、どれにしても後天的な原因です。また、シミにも種類があり、紫外線などホルモンバランスの乱れで出来るのが肝斑、加齢によるものが老人性色素斑、ニキビ跡の炎症などが炎症後色素沈着となります。

 

そばかすが出来る原因
そばかすというのは基本的に遺伝性です。正式には雀卵斑といい、特徴としてはシミより大きさが小さく、頬や鼻に出来ることが多いです。紫外線を浴びることでこのそばかすが大きくなることもありますが、加齢によって薄くなることもあります。このように後天的なシミ、遺伝性のそばかすという大きな違いがありますが、根本的なメラニンが引き金ということはどちらも同じになります。

 

シミとそばかすの対策
まず、違いがあるとはいえ、シミとそばかすの対策の仕方は同じになります。ただ、そばかすの場合は遺伝性のものですので、酷くならないようにという対策となります。では、まず一つが紫外線を極力浴びないようにするということになります。二つ目がビタミンを摂取するということ、そして三つ目が肌に刺激を出来る限り与えないということになります。洗顔や顔のマッサージなどでも気をつけてください。年齢を重ねる度に気になってくるところですので、とにかく出来る限りの対策をして、肌をいつまでも綺麗に保てるようにすることをオススメします。

 

シミやくすみに効果のあるベータカロテン

 

β-カロテン、読みはベータカロテンと呼びますが、この栄養素はビタミンAに変換されることでプロビタミンAとして広く知られています。緑黄色野菜、海藻にカロチノイドという成分が多く含有されていますが、それの一つがベータカロテンになります。

 

ベータカロテンで美白に?ベータカロテンの仕組みですが、これは体内に取り入れるとビタミンAに変わります。また、全てビタミンAに変換されるのではなく、必要量変わったら残りは抗酸化物質になります。つまり、ベータカロテンを摂取すれば無駄になることはないということになります。

 

ではビタミンAを身体に取り入れるとどうなるかというと、新陳代謝の促進、メラニン色素の排出によって皮膚や粘膜を成長させ強化します。また、抗酸化作用もありますので活性酸素の発生を鈍らせることで細胞の酸化や老化を防ぎます。さらにビタミンAが不足すると発ガンリスクが高まりますのでガンの抑制にも繋がります。このように、ビタミンAは非常に身体にとって重要な成分であるということを把握しておきましょう。

 

逆にビタミンAが不足した場合ですが、肌荒れ、視力低下、脱毛症、爪の変形、抵抗力低下といったことを引き起こします。シミを予防してくれる働きもありますが、身体の為にも極力ビタミンAは摂取しておくといいでしょう。

 

抗酸化作用について
ビタミンAにも抗酸化作用がありますが、ベータカロテンには強い抗酸化作用がありますので老化なども防ぐことが出来ます。このように、非常に高い効果がありますのでベータカロテンは出来る限り摂取することをオススメします。

 

シミを消すための様々な方法

 

ある日、ふと鏡を見てみたら、顔にシミができていた…。それは、多くの女性にとって大きなショックを覚える出来事ではないかと思います。そして、そのシミを消すことに諦めを感じてしまっている方も多いのではないでしょうか。

 

しかし、シミが出来てしまっても、そこで改善を諦めてしまってはいいけません。もちろん、シミを完全に消すことは困難と言っていいでしょう。しかし、シミを薄くしたり、色をこれ以上濃くさせない方法は数多くあります。

 

その方法の中でも最も簡単なものは、化粧品を利用してのセルフケアです。市販されている美白化粧品を活用します。美白化粧品と呼ばれる商品は、近年、数多く販売されています。その中でどの化粧品が最も効果的か、といったことは一概に断言できません。

 

また、化粧品の効果に大きく個人差があることは、多くの方がご存知かと思います。そのため、自分に合った化粧品を見付けることが重要です。サンプルなどを使用してまずは一度試してみる、といったことを行うとよいでしょう。

 

ビタミンCやビタミンE、プラセンタエキスの入った美白化粧品などもあります。それらの活用を考えてみましょう、レーザー治療はシミの治療法として良く知られた方法ですが、肝班やそばかすのようなシミに対しては逆効果となってしまうケースもあります。

 

これらのシミに対しては、その原因である紫外線への対策をしっかりと行うことが重要です。日焼け止めを塗るといったことはもちろん、紫外線を重点的にカットするファンデーションなども販売されているので、そういったものを積極的に利用しましょう。

 

何より大切なことは、お肌に紫外線を吸収させないよう予防することなのです。シミを消すために有効な方法の1つとして、エステに通うこともあげられます。薬事法による制限があるため、エステティックサロンで行われているレーザーには限界があります。

 

しかし、シミの中でもさして大きくないものや色素が薄いものを対象とする場合は、そのようなエステティックサロンに通うだけでも、十分な効果が期待できます。

 

シミの除去に対してさらに高い効果を求める場合は、クリニックのような医療機関を受診するとよいでしょう。医療機関であるため、治療に対する信頼度は高いですし、また専門家である皮膚科専門医の診察を受けることができます。

 

更新履歴